1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:36:05 ID:K5n
俺はさほどでもないから詳しくは難しいが

2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:36:47 ID:gGd
no title

3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:37:15 ID:WnP
お題は?(^-^)

4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:37:27 ID:mV4
イデアで

5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:37:35 ID:PLu
ハニカミ王子で

6: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:37:38 ID:K5n
>>2
萌えという感情は何か?という問いと見た

7: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:37:39 ID:oHu
>>2
可愛い

8: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:39:24 ID:K5n
イデアも詳しく考えると面白いと思うんだけどプラトンの著作に手を伸ばすほどには至らない
概説くらいで満足してしまうのよね

9: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:41:46 ID:mV4
>>8
せやな

10: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:42:46 ID:K5n
人間のイデアってあるのかな
プラトンは心身二元論に近い立場だから魂とイデアがどういう風に扱われるのか気になる

11: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:43:51 ID:mV4
わけわかめ

12: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:45:31 ID:K5n
魂は天上界から感覚界へ落っこちて来たわけだけど
魂そのものがなんなのかはプラトンは言及してたのかね

13: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:47:34 ID:AqC
萌えと言うのは一種の感情であるが
私は何故この絵に萌えという感情を抱いたのだろうか
もしかすると「この絵は萌えだ」という周りの評価からこの絵を萌えと判断しているのではないだろうか
それならば一番初めに「この絵は萌えだ」
と言った人間は何故萌えという感情に行き着いたのだろうか
それは「このような雰囲気の絵は萌えだ」
という周りの評価から「この絵は萌えだ」という結論に至ったのではないだろうか
しかし、それならば一番初めにその結論に至った者は一体どのようにして萌えという感情を作ったのだろうか

20: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:52:43 ID:K5n
>>13
ヒューム的な考え方ですな
萌えを学習して萌えを獲得するという説明は理にかなってるけど、では最初の萌えはどうして生まれたのか?
それを人間の先天的気質に求めるか、経験の変化とみるかでまた変わるんだろう

26: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:57:23 ID:AqC
>>20
確かにこの説は原点が謎になってしまう
しかしながら、絵に萌える文化が今まで育ってきたのも事実
生憎私は過去の人物では無いので
どのような始まりを興したのかを知ることが出来ないのだ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:49:19 ID:K5n
遡源としての神=善のイデアが全ての始まりだとして、それからいかに他のイデアが生まれるか、さらにイデアから感覚界はいかに生まれるかということに関してプラトンはどういう風に説明したんだろうか
そもそも善のイデア以外はイデアなのか?

15: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:49:36 ID:HBn
前提に仮説を置けば、どんな結論でも導ける。
猿以外を前提において猿を否定するなら、猿の経験と学習と概念や理論は用いてはならない。
それをひらめく前に思考材料として培ったそれらが先にあってはならない。

17: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:51:31 ID:HBn
どんな結論でも導ける仮説をもとに話を展開するなら、哲学者は沈黙を選ぶ。

16: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:50:35 ID:AqC
人が生物であるのであれば自分と似た様な生物に愛を感じるのでは無いだろうか
しかしながら、人に似ても似つかぬような姿形をした絵にこの感情を抱くのは何故か。

22: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:53:17 ID:AqC
それは絵で有りながらも各々個性を持ち、性格があり、見るものの心をくすぐるような言動などが挙げられるが、究極的に言ってしまえば
これはただの絵なのである。

21: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:52:49 ID:HBn
>>16
人は絵も他人も記号も言葉も同じ脳で処理してるから。

24: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:55:54 ID:HBn
春に萌え出る草木の芽。
まだ弱々しいが元気に育ち、晩夏ともなれば逞しい深い緑を愉しませてくれる

28: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:00:40 ID:AqC
>>21
記号を愛する者もいれば、言葉に情欲を起こす者もいる
ならば愛とはなんぞや

31: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:07:43 ID:HBn
>>28
猿の感情。各種ホルモンが分泌される。その対象の重要度が高くなる。物理以上の意味など無いし、有るのなら猿の感情に還元できる快不快、五感と思考、経験という物理的な装置を通して像を結んだ概念を使って愛してはいけない。 愛の自己否定になるから。

33: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:17:32 ID:AqC
>>31
しかし猿は絵に腰を振らない
記号を理解しない
言葉を愛さない
彼ら猿はそれを「萌え」だと経験していないからでは無いだろうか

35: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:31:10 ID:HBn
>>33
本当に?

36: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:32:00 ID:AqC
>>35
いや知らん
思いつきで適当に言ってるだけ

37: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:34:23 ID:HBn
>>36
奇遇だね。実は俺もなんだ。
思い付きで適当に人間をこしらえたものだったが、存外、愉しませてくれるフハハ。

38: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:35:10 ID:AqC
>>37
ハハハこやつめハハハハ

19: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:52:22 ID:xnR
意味良くわかんないけど
満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい
みたいなセリフ好き

23: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:54:54 ID:K5n
>>19
俺は満足した豚でありたいな
豚になるために哲学始めたのに豚から遠ざかるばかりで辛いわ

27: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)03:58:27 ID:K5n
プラトン読まなければ駄目とはわかってるけど、面倒なんだよなー
対話篇はなぜにあれほど回りくどいのか。ソクラテスを恨むぜ

29: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:04:22 ID:AqC
それにしても千早は可愛いなぁ

30: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:06:17 ID:K5n
アイマスは哲学だったのか…

32: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:10:50 ID:AqC
千早の胸とは何なのだろうか
胸と言っても膨らみなし
かといって其処に魅力げない訳ではない
胸とは人が猿から進化を遂げた後に、
背を伸ばしたがためsexアピールの尻が見えなくなってしまった
そのため、sexアピールの位置を上にずらし、胸に魅力を感じるように
されているはずだ
しかしながら何故千早の胸はあんなにも愛くるしい
大きさが全てではないのか
無論千早を胸で選んだ訳では無い
しかし私は不思議でならないのだ

34: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:22:21 ID:AqC
ちーちゃん可愛いよおおおスリスリしたいよおおおお

39: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:39:43 ID:AqC
深夜のテンションって凄いな

44: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:49:54 ID:AqC
千早は可愛いからな

45: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:50:39 ID:AqC
もう大分遅いけどおやすみ

40: 小説王になる男◆U1DkX9eoRc 2015/02/06(金)04:42:33 ID:Uql
諸君、私は人間が好きだ。
スポーツで一体となってしのぎを削るその姿が好きだ。たった一人の糞尿が詰まった肉袋に恋心を燃やし時として自滅すらやってのける愚かさが好きだ。

いくら言葉を並べ立てようともあっさりと裏切るその軽さが好きだ。二極化し互を必死に悪と周囲に認識させようとする姿勢が好きだ。
一人を集団で吊るしあげるその根性が好きだ。
他人の姿勢をあっさりと笑い飛ばせるその薄っぺらさが好きだ。堪らない。

悪口を言われれば歓喜に震えるし、殴られればその痛みのあまり快感が迸る。涙の塩辛さがまたそれを潤滑液のように促進させる。
結局は死ぬのに無様に這いずるその生き汚さが好きだ。
自分たちがさんざん馬鹿にして忌み嫌っているゴキブリと大して変わらないのに、それを自覚せずに自分たちは食物連鎖の頂点にいるとかってに勘違いしているところが好きだ。
可愛らしくて愛でたくなってしまう。

諸君、私は人間が好きだ。
糞尿が詰まった肉袋に過ぎない彼らが大好きだ

42: 小説王になる男◆U1DkX9eoRc 2015/02/06(金)04:45:40 ID:Uql
人間が好きだッッ!!

41: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:44:39 ID:TFq
寝起きにはキツいテンションだわw

1はもういないのかな

43: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:46:29 ID:K5n
いるぜー
千早への熱い思いを語ってる人がいるのに邪魔するのも悪いと思ってROMってた

46: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:52:12 ID:K5n
うむ、貧乳はいいものだ
個人的には助手のが好きだけど主義主張を乗り越えて全てを愛するのが人としての正しい在り方

47: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)04:52:30 ID:TFq
いたw

人間って、結論ありきでない思考をすることが出来ると思う?
哲学は結論ありきでない思考っぽい気もするが、どうなのだろう

51: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)05:01:30 ID:K5n
>>47
うーんとね
結論から言うと、中途半端な哲学的思考は人間の視野を狭めて、結論ありきな人間を育成すると思う
哲学は疑いの学問だけど、疑うという行為は自己に対して強いストレスを与える
だから疑い続けるのにはエネルギーがいるし、心身の健康を損なう場合もある。どこかに安定した居場所がないと人は安心できない

それでも私には疑うことしかできないって人がいわゆる哲学者と呼ばれる。こういう人は大概人としてはどっかおかしいから、懐疑に伴うストレスをものともせずに考え続けられる
このレベルにまで至らないとむしろ哲学は自由な考えを阻害して、その豊穣さを失わせると思うな

53: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)05:12:32 ID:TFq
>>51
なるほど、面白い回答だった

1の話を受けて俺なりに理解したことは、自分好みの言葉をチョイスして再構築されたもので、
やはり結論ありきの思考なんだろうなと思う

結論ありきの思考が悪いと言いたいわけではないのだけどね
常に疑って掛かることができる人は、自分の身の回りにはいなさそうだ

何が言いたいのか伝わらないと思うけど、とても満足な答えだった
ありがとう

54: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)05:15:27 ID:TFq
>>53
自分はミステリー好きなんだが、哲学者と名探偵は似ていると思ったよww

52: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)05:03:59 ID:K5n
まあ要するに、哲学はおかしな人がやるもので、まとな人間は関わってはいけない
理性的なキチガイには触れてはならないってことよ